美 容・予 防・健 康


スマートイオン(陰イオン滲透療法)の歴史

1919年12月
陰イオン滲透療法の創始者が、旧日本国陸軍に入隊。


  1920年11月
二階級昇進して、歩兵上等兵になる。

  1920年12月
伍長勤務上等兵に昇進。同日、銃剣助教授を拝命。日々、軍務に努力中、
突如として、體に異常が起り、軍医の診断によって、結核性胸膜炎と
宣告され、直ちに衛戌病院に入院。

 1921年5月

衛戌病院にて、療養中、現役免除を言い渡され、即日、除隊。
除隊命令が出て、帰郷する最後の一夜は、ただ胸部疾患に対する生命の
不安と、胸部疾患を極端に嫌忌する郷里村民に感情等を想起して、前途に
対する希望光明は全く消失し、まんじりともせず、一夜を明かす。

帰郷するも、案に違わず村民の冷眼と嫌畏の中に、病状の不安に嘆きつつも、
療養に努める。しかし、療養に心魂を打ち込むが、病状は依然として変化が
なく、生きる希望は破滅し、自殺の決行を考えたのは、この時代であった。


この苦悩の断崖に立たされている時、「死を生の歓喜に換えよ」と、言う、

心の叫びを聞き、病魔を征服する決意を固め、故郷、大分の地を後に、
大阪に転出。

実兄が大阪の朝日新聞社に勤務していた関係上、実兄に阪大病院への入院を
奨められるが、感ずる処があって、この奨めを謝絶。市内で販売されている、
小型電氣治療器を購入。一意専心の思いで、電氣療法の工夫に精進する事、
六ヶ月間に及ぶ。


この療法で、結核性胸膜炎は、完全に治癒し、病氣全快の歓びは、進んで
同病者、及び巷の慢性疾患者に対する同情となり、これが救済に乗り出す
決意を固める事になる。後年、陰イオン滲透療法を天職とする動機となる。

イタリアのルイ・ガルヴァーは、1789年、陰イオン滲透作用が、
疾病の改善に効果が顕著である事を発見した。その後、ブレンネルは、
電極法を発明し、電氣診断と治療上に画期的進歩を促した。又、エルプは、
電氣生理学に新分野を開拓し、その他、諸学者によって、陰イオン療法の研究は、

白熱化するに至り、陰イオン滲透療法は、遂に医学会を風靡する勢いとなる。

以来、陰イオン療法は諸学者によって、徐々に研究と改良が積まれるが、
電氣生理と電流の関係、並びに電極の選定方法に関しては、科学的効果を

満足させるまでの改良がなされていなかった。

そこで、従来の諸学者の業績を基礎として、多年の臨床実験を参考に、
工夫改善を加え、陰イオン滲透療法を創始。

 1927年5月

陰イオン滲透総合治療研究所を創設。

  1944年7月
大阪府軍事課 大日本傷痍軍人会大阪府支部 公認治療所を開設。


 1949年7月

京阪電鉄株式会社 健康保険組合 嘱託。

  1950年5月
厚生大臣より、復員患者療養の認可を得る。

 1955年6月
陰イオン滲透療法機の商標認可を得る。 15923号

  1956年7月
大阪府立衛生研究所において、陰イオン滲透療法機を用い、結核菌の培養菌で、
実験する予定であったが、当研究所が結核菌を入手する事が困難の為、
代用の化膿性ブドウ球菌に対して、実験した結果、殺菌力が顕著なる
事を証明。


  1957年4月
大阪府立衛生研究所において、陰イオン滲透療法機を用い、大腸菌に対し、
実験した結果、殺菌力が顕著なる事を証明。

  1957年4月
岡山大学昆虫学教室において、陰イオン滲透療法機の一部である、
紫光線
(デアテルミー電流)より、オゾンを発生させ、蚕病に対する
実験の結果、殺菌力が旺盛なる事、及び消毒効果が顕著なる事を証明。


  1957年6月
京都繊維大学において、陰イオン滲透療法機の一部である、紫光線より、

オゾンを発生させ、蚕病に対する実験の結果、殺菌力が旺盛なる事、
及び
消毒効果が、顕著なる事を証明。

  1959年8月8日〜1960年10月5日
大阪歯科大学 微生物学教室において、陰イオン滲透療法機を用い、動物
実験
シュワルツマン反応で、イオンは弱アルカリ性なる事。抑制に関する
研究の結果、各種薬剤に対して、塗布試験法、皮内注射法によって、
また陰イオン
通電によっても、シュワルツマン反応抑制効果を認め、幾多の
新知見を
加えた事を証明。

  1964年10月
医療用具製造業の許可を得る。 許可番号「阪用」第四十六号

    
陰イオン滲透療法の創始者は、
    現在の平均寿命を大幅に上回る、天寿を全うしました。

           「健康と美と若がえり」竹尾時丸著より


      スマートイオン(陰イオン滲透療法)は、免疫をあげ、
    體質も改善する。體の中から、細胞からの根本療法です


  日々、他に有効な治療法が無い方々を施術しつつ、現在に至ります。

   


              宜しければ、お越し下さい。